不器用でネイルが下手なのでお洒落で器用なネイリストさんに憧れます

最近憧れている存在といえば、ネイリストさんです。

学生時代にバイト先が同じで仲良くなった先輩が、ネイリストデビューを果たしたので、ネイルしに行ってきました。

ネイルサロンはあまり通ったことがないですし、自分でネイルをする時は不器用なのでもっぱら単色塗りしか出来なかったり、気合を入れる時には自分でイラストを書いたりラインを引くのは出来ないので、ネイルシールに頼るのみでした。

自分でネイルを綺麗にしようとしても左右不均衡になったり、かなり不細工な仕上がりになるのですが、ネイリストさんは細かいアレンジも本当に上手にこなしてくれて、センス抜群なので本当に憧れます。

ただ爪にポリッシュを塗るだけでなく、実際にポリッシュを塗る前に丁寧に甘皮の処理をしてくれたり、爪のお手入れを丁寧にしてくれたので助かりました。

昔から美術や図工は学校の教科の中でも一番苦手であり、もっぱら芸術的センスがない上、大雑把な性格なので細かい作業が大苦手な自分はネイリストさんには向かない性格なのだろうと思いますが、無い物ねだりなのでネイリストさんには非常に憧れてしまいます。

ネイリストさんは話し上手でネイル中もいろいろなお喋りをして楽しませてくれたり、メイクやアクセサリーなどもお洒落で女子力が高い人ばかりなので、見習いたいなと思います。

可愛いネイルをしてもらうと、本当にテンションが上がりますし嬉しい気分になるので、ネイリストさんは人を幸せにする仕事ですし、とても憧れます。